意外と大事!フォントの選択

フォントの選び方で印象が変わる!

日本語の文字は、横線に対して縦線が太い「明朝体」と、横線と縦線の太さが同じ「ゴシック体」に分けることができます。ホームページを作る時に大切にしたい視認性や可読性を高めるためには、読んだ人にどの様な印象を与えたいのかを考える必要があります。ページを開いて最初に目に入る文字は、やはりホームページタイトルです。その部分を、ゴシック体や同じ系統の太くてはっきりとしたフォントにすると、視認性が高まります。また、説明文などの長文を読んでもらいたい場合は、明朝体がおすすめです。最近はフリーフォントなども増えてきましたが、あえて標準搭載のフォントに限れば、MS明朝ヒラギノ明朝などの細い明朝体にすると、可読性が高まります。

ウェブフォント機能で望み通りの表示に!

フォントにこだわってホームページを制作しても、閲覧者が使用しているPCにそのフォントがインストールされていなければ、デフォルトのフォントで表示されてしまい、せっかくのレイアウトが台無しになってしまいます。そこで便利なのが、CSS3で追加された新機能「ウェブフォント」です。この機能を使えば、ブラウザがフォントファイルをダウンロードしてくれるので、閲覧者の環境にないフォントも表示させることができます。CSSの表記も複雑なものではありませんし、配布サイトでは豊富なフォントが提供されていますので、活用してみてはいかがでしょうか。もちろん、自分で作成したフォントも使うことができるので、ホームページのオリジナリティを高めることもできます。

ホームページ制作を格安で作成してみませんか。プロのエンジニアとデザイナーが担当してくれますからセンスの良い仕上がりが期待できます。